New

水音 女性 37才 東京 ★★★

勿体ない位の素晴らしい肩書きのご主人様に飼って頂いております。
ごく普通のお付き合いのはずが、初めてのデートでホテルに行き
いつの間にか、主従関係になっておりました。
初めてのSM、初めてのご主人様になります。

ご主人様にお会いできるのは、月に1、2回。
毎週お会い出来ることもあるのですが、合うことの出来る時間は、毎回1時間のみ。
待ち合わせの公園にお越しになると、
即座に唇を合わせ、唾液を出すようにご命令なさいます。
その唾液を吸い取って下さった後は、問答無用に二本の指を立て
私の喉の奥深くへ・・・嘔吐するほど口内をかき混ぜるのです。
私は、あまりの苦しさに手で遮ってしまいそうになるのですが、
涙を流しながらご主人様を見つめることしか許されておりません。
そして、下着を着けていないことを確認しながら
胸を痣が出来るほど鷲掴み、乳首をひねり上げるのです。
外であることを忘れるほど、声を出してしまいそうになりますが、
ご主人様の大事な股間をまさぐる様に命じられておりますので
あわてて留守になった手を、涙目になりながら動かすのです。

そして、公衆便所へ移動し、全裸にして頂き、おもむろに、挿入なさいます。
頭の上の方まで、突き抜けるような快感と
先ほどの胸の痛みでイク事が出来ず気が狂いそうになります。
時には、解れていないアナルに唐突に挿入なさいます。
私は、アナルを開発して頂いていないので、声にならないほどの激痛と
涙で顔がグチャグチャになりながら犯して頂くのです。
もちろん中へ、お出し頂きます。

口内へ頂く事もございますが、その場合は、
私が元来、精液が苦手ですので、きちんと飲み干したかをご確認なさいます。
ご確認なさった後は、早く服を着なさいと仰ってその場を後にいたします。

私は、オナニーも許されない身ですので、
唯一、性的に私の身体に触れて頂けるのは、ご主人様のこの1時間のみ。
2年の間仕えておりますが、私自身がイッたこと、褒められたことは殆どございません。
いつかは、ご主人様の手でイカされたい、褒めて頂きたいと、気が狂いそうな日々を過ごしながら
ご主人様の手を待つ様になっておりました。
逢えると思うと、自然に股間が濡れてくるのです。


これも愛の形なのでしょうか?

お目汚し、失礼致しました。

本日アクセス 1

総合アクセス 7,523

2011/10/04 05:38